アクセスカウンタ

<<  2015年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


プレミアム商品券

2015/07/30 08:42
八王子の多摩信用金庫がプレミアム商品券を一部の顧客や職員がほぼ買い占めてしまったことで、マスコミに取り上げられている。

プレミアム商品券とは、5000円で6000円分の買い物が出来るというものだが、
八王子市は他とは多少異なる取り扱いで、購入を打診する文書が拙宅にも届いた。
それで10万セットが売れて、残り3万セットを多摩信がまずいことをした、と言うことらしい。

拙宅では、2割程度お得と言うだけで申し込むのは面倒くさいので捨て置いたが、ニュースでは長蛇の列をなす画像が流れていたので驚いた。

買いそびれた人々は激怒し、不正を働いた側は神妙な面持ちで心に響きもしない陳謝をして幕を引こうとする。

だけれども、一度は全市民向けに購入打診があったはずで、欲しい人はその時点で購入しただろうに、それでも、「もっと欲しい」と第二弾に挑み、当てが外れて怒っているだけのような・・・・
中国ほどではないが、強欲はみっともないですよ。


記事へトラックバック / コメント


歯がデカイ

2015/07/23 15:43
昨年末から歯科に通っていた。
混合診療で上歯の工事が始まって、
自前の歯の前歯の残党を歯根だけ残してすべて切り落とし、
歯根にファイバーの芯を入れて取りあえずの仮歯をかぶせた。

型を採ること数回。
口の中一杯にプラスティックゴム様のものを詰め込まれて
毎回一時間以上口を開けっ放しで、あごが外れそうになる。

前々から、部分入れ歯を装着するたびに「入れ歯つわり」が発生して、数分おきにえづく。
それが厭さに、先生からなんと言われようとも普段は装着しない。
食事時も使わない。何となれば、味が全く分からないからだ。

爾来、毎回麻酔を打って、歯茎と仮歯の間にくさびを入れ、カ〜ンカ〜ン、とハンマーを打ち下ろして仮歯を外す。そのあとは歯根のお掃除と部分入れ歯の調整だ。
それを繰り返すこと10回。
昨日、ようやく仮歯からセラミックの本チャンに変わった。
部分入れ歯も本チャンの金属床の物になった途端、装着感がドラスティックに変わった。
あの忌まわしい「入れ歯つわり」を催さないのだ。
ものを食べても味が分かる。
これ、これ
保険診療との差はこれか〜

だがしかし、鏡を観て驚いた
もともと私の歯全体が平均よりもず〜っと小さい。
それなのに、セラミックの前歯は馬の歯のようにデカイ
何か違和感がある。
でも、今更言えない・・・・
記事へトラックバック / コメント


ナノバッグ

2015/07/20 12:51
画像

二週続けて土曜日のイタリア語講座に遊びに来た、Yさんちにホームステイしている18歳のニコルさん、ブロンド美人だ。
彼女に似合いそうなトレンドの「ナノバッグ」を作った。どうせなら、美人さんに持ってもらいたい。
携帯と財布が入る程度の大きさだ。

数週間前の新聞のファッション欄で、フェンディ、サンローランなどがナノバッグなる超小型バッグを競って作っているとあった。

若い頃、多分二十歳くらいで遊び歩いていた時期に愛用していたバッグもこのくらいのサイズだった。
私のは同じ色味で、一緒に遊び歩いていたY子はヌメ革と同じ色。作っていて懐かしさもあった。、
記事へトラックバック / コメント


できました、ニューバッグ

2015/07/15 22:47
プラダの新作バッグにヒントを得て、
天ファスナーのバッグを作った。
どうやって製図して、どういう風に縫っていくか思案をめぐらせて
10日ほどかかって、プラダのそれとは似ても似つかぬものに仕上がった。
革は買い置きの牛シュリンク。
画像


今年はマイクロ・バッグとやらがトレンドらしい。
若い頃流行った財布とハンカチ程度が入る大きさのミニバッグのことのようだ。
バッグ・イン・バッグとして、親バッグにすんなり入る大きさで
お使いにはこれ一つで間に合う。
画像
記事へトラックバック / コメント


ギリシャって

2015/07/02 22:23
高校の英語の時間に、
「It is Greek at all」という文を習った覚えがある。
訳は「まるでギリシャ語みたいにチンプンカンプンだ」だったと思う。

卒業して5年ほど経ったころ、オーストラリア人の友人にその話しをした。
すると、彼はギリシャではなく日本語だ、といった。
確かにギリシャ語よりも日本語のほうが煩雑で分かりづらいかもしれない。

だがしかし、今日「It is Greek at all」と言うフレーズが甦る。
ギリシャがEU諸国に借金し、IMFからも借りまくって、
日本よりも高い年金を減らすのはいや、
4人に一人いる公務員を減らすのもいや、といって債務期限を過ぎ、
むしの良い条件付提案をして、
それでも駄目なら借金を踏み倒す魂胆らしい。

昔の流行歌に「貸した金返せよ」と言うのがあった。
借りたお金を返済しないどころか、「貸したお宅が困るんじゃ〜ないですか?」
と開き直る国って聞いたことがない。
あまつさえ、どうせ借金するなら巨額のほうが得だ、ということも知った今回の
ギリシャデフォルト問題。
人としてどうよ、ギリシャ人のメンタリティって It is Greek at all!!!
と思う今日この頃である。
記事へトラックバック / コメント


<<  2015年7月のブログ記事  >> 

トップへ

姫だるまの雑記帳 2015年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる